2021.02.21 (日) 週末END

昨日はいつも通り英会話に行って、

今日はほぼステイホーム。

週末にテイクアウトでゲットしたものたち。

 

〇「マグロチラシ」マグロマート(東京都中野区)

f:id:pastel55:20210221212308j:plain

これはとてもおいしかったのでおすすめ。でもものすごい人が取りに来ていたので、ネット予約をお勧めします。

 

〇「さくらふわりベリーフラペチーノ、アイスドリップコーヒー」スタバ

f:id:pastel55:20210221212311j:plain

図らずも「カップルでの飲むために彼氏がテイクアウトしに来た」みたいになりましたけど、実際には両方とも自分用。

さくら味のものが好きな私、思わず…本当はアイスコーヒーを家で飲んで勉強を頑張る源にするつもりだったのに・・・。

甘いのはお昼ご飯代わりにしました。

 

明日は仕事。。。

 

2021.02.18 (金) 金曜日の夜

1週間終わりました。

今週も疲れました。

疲れすぎて、19:30くらいから3時間も寝ていました。。。

サラリーマンにとって貴重な金曜日の夜が…。

 

さて、少し前までは、金曜日の夜も素直に楽しめなかったですね。

なぜなら、工場は24時間土日関係なく動いていたから。

土日出勤あたりまえ、忙しすぎて日が変わるまでの残業もあたりまえ。

 

なんでしょうね、そういう働き方が得意な人はいいんでしょうが、

自分には難しかった。

まじめすぎる所以か…常に会社が気になり、金曜夜なんて関係なく、

家にいても全く気が休まらない。

何かトラブルが起きないか、誰かに怒られないかいつもひやひや。

まぁ、トラブルが起きても自分には何もできない、という無力感もすごいストレスでした。

 

今は、そういうことがないだけでも平和ですね。

いつまでも続かないんですけどね。。。

 

土曜日はいつもの英会話、日曜は特になし。

何しよう。

早く気軽に遊びに出かけられるようになってほしいけど、

まだ近い未来ではなさそうですね。

2021.02.18 (木) 久しぶりの

今日は、復職前以来のメンタルクリニック受診の日でした。

症状は無くなり、薬も服用していないので、ひとまず通院はこれで終わりでOKとのこと。

メンタルクリニックって、今まで暗いというか、特殊なので寄り付きにくいイメージでしたが、そうでもなかったですね。

初めて行ったきっかけは、休職する前に会社に薦められたことです。

ハードルの高い1回目をクリアしているので、今後、不安定さを感じてきたら気軽に行けるようになったと思います。

ちなみに、私は12月に「適応障害」と診断されていました。

放っておくとそのままうつ病になるような、危ない状態だったようです。

今日は、今後どういう心の持ちようで仕事したらいいか、何かアドバイスがあるか尋ねてみました。

そうすると、先生は

「まずはとにかく早めに上司に相談することですね。でも、あなたの場合は本当に運が悪かった、そういう職場はなかなかないので、あまり気にしないほうがいいです。」

と。

うーん。上司には相談していたんですけどね…。

 

まぁ、この1か月で仕事をどういうメンタルでやっていけば自分でも続けられるか、

準備はしたつもりなので、前のようにはならないと信じています。

 

次同じようになったら速攻で退職するわ。

2021.02.17 仕事に復帰して約1か月

残念ながら、12月の半ばから約1か月、メンタル的なアレで仕事をお休みしておりました。

あれこれ理由をつけて頑張ろうとしていましたが、転職先が全く自分に合わなかった、、、

その休んでいた1か月、あらゆることをやってみて、考えて、とても有意義な時間を過ごすことができたと思います。

なんでこんな事になったのか、これからどうしたらいいのか、自分はどうしたいのか。

その嵐のような1か月のことを少しずつ振り返ります。

 

ざっと思いつくことはこんな感じ。

 

メンタルクリニックに行った。

・本をたくさん読んだ。

TOEICの勉強を毎日した。

・ジムに通った。

・複数の転職エージェントと相談した。

・なぜ休むことになったのか、原因を考えた。

・今後の人生、どう歩むか考えた。

・生まれて初めて占いに行った。

→ 自分でもわかるくらい前向きになった。

 

現在、復職して1か月近く経ちましたが、読書とTOEICの勉強は継続しています。

やればできるもんですね。

 

また明日から、少しずつ書いていきます。

8/19 (水) "ちゃんとお金を稼ぐ仕事"を担当する責任

仕事ってそりゃ企業でお金を稼ぐメンバーの一員として働くから

お給料をもらえるわけで、そういうものだろうというのが一般論だろうか。

私は今、会社員6年目にして、このギャップというか、

責任の重さに少し尻込みしてしまっています。

 

私は8月から転職したんだけど、転職する前の業務内容は「メーカーの研究開発職」。

詳しく言うと、基礎研究というよりは工場での製造を見据えて製法を

科学的観点から検討し、作り上げていく仕事でした。

製造を見据えて、ということだから、さぞかし忙しくてプレッシャーもあるのかと

言われれば、私は特にそんなものは感じていませんでした。

このあたりは会社に寄るんだろうけれども、

私が以前いた会社は研究とか技術職が成果を出していく難しさをよく理解してくれていました。

例えうまくいかなくても、納期に間に合わなくても、

きちんと道筋を立てて、実験結果を出して、そのデータから最大限考察して、

そして次の試験の立案をしていけば特段怒られるということもない。

つまり、失敗することが当たり前で、その繰り返しから大きなリターンを得るという仕事。人によっては、どれだけちゃんと研究しても成果が上がらないってことだってあります。

 

一方、転職先では工場の管理とか生産技術系の業務を担当しています。

なぜ私が研究開発職から製造系の仕事へジョブチェンジしたのかというお話はまた別でするとして、

今の仕事では当然ながら「納期厳守」「ミスなく遂行」「トラブルを乗り越え(しっかり製造して)お金を稼ぐ」ことがミッションです。

今までの研究開発職ではありえなかったプレッシャーが掛かっており、

正直吐きそうです。自分で決めたこととはいえ…。

任務を遂行しようとすると、え、これどうやって有給休暇使うの?無理じゃね?って思うわけです。

でも、よく考えてみると、世の中の殆どの仕事が上記のプレッシャーを感じているんですよね。

仕事ってそういうことなんだ、むしろ今までが特殊だったんだと

会社員6年目にしてようやく気づくことができました。

 

あとは、自分なりの落とし所を見つけて、

無理しすぎないようにしながら、自分にできることを着実にやっていくことでしょうか。

研究開発職のときのような、イノベーションを起こすというよりは着実な仕事が求められそうだと感じつつ、

どうも私のいる工場は、新人の私から見てもうまくいっていないところがあります。

自分らしさを忘れずに、私にしか気づけないかもしれない問題点を

一つずつ対応していきたいですね。

 

私にできるかなぁ。

 

 

 

8/17 (月) 不安な点を上司に相談した

転職して3週間目、皆からの応援もあり少しだけ元気な状態で出社。

そして、現時点で不安に思っていることを上司に正直に相談してみようと思いました。

新卒社会人1年目、たくさんの不安の中で精神がどんどんおかしくなっていったのは、

今となっては「誰にも不安を相談できない状況」が大きな原因であったと思います。

そして、それは自分が勝手に「こんなこと誰にも相談できない」「甘えているだけだ」と自分を追い込んでいったせいなんですけどね。

あの頃は、全員が敵に見えていた。。。

そんなわけで「別に評価者に何を思われてもいいからぶっちゃけて相談しよう」と思ったわけです。

褒められたことじゃないかもだけど、それでも5年前よりは成長している気がする。

 

アポを取ろうかとも思ったけど、まぁあまり身構えられても困るので、

夕方にさり気なく話しかけてみました。皆はちゃんとアポ取ろうね。

「もちろんです。話をするのが僕の仕事ですから」と快く引き受けてくださいました。

別室で1時間以上、まぁほとんどあちらが話していたんだけど、

たくさんお話することができました。

「まずは、不安にさせてしまい申し訳なかったです。」と言われた時点で、

かなり心が軽くなりましたね。

話の中では、

・総合職としての中途採用だけど、期待されている役割、仕事がこれまでと異なりすぎていてやっていく自信が現時点で全く無いこと。

・それどころか、正直仕事内容がよく見えていないこと。

・休日出勤や夜勤をしている人もいるが、自分は以前それで身体をおかしくした経験があり、不安があること。

などなど、まぁ新卒の頃ではありえないくらい正直にお話させていただきました。

辛い想い、不安な想いを抱えて病んでいくくらいなら、

別に何を思われても、正直解雇されてもいいというくらいの考えで。

 

結果としては、すべての疑問に対して真摯にご回答をいただきました。

そして、事業部がちょうど変革期で変わろとしている最中であるという点など、多くの詳しいこれまでの経緯が今後の展望をお聞きし、不安は解消しました。

 

なんというか、今まで一人で悩んでいたのが本当に嘘のようです。

ここ数日、友達や家族、そして上司と相談する中でここまで自分の考えが好転するとは思いませんでした。

 

皆さんに感謝です。

微力ながら、せっかく評価してもらって入社した会社ですし、

できる限りのことはさせてもらいたいと思っています。

8/16 (日) 実家から戻り友達とオンライン飲み会

お盆休み(なんて存在しないけど)も終わり、

明日から仕事なのでアパートに戻ってきました。

 

実家では、私が生まれる前の家族や仕事の話なんかを

最近聞くことが多いのだけれど、

知らないことがたくさんあって面白い。

両親の離婚の危機の話なんて初めて聞いた。

父が、家を売った金を一切家庭に入れず、

母に連絡もせず麻雀や競艇で家を開けていたという話。

そりゃキレられるわ・・・。

 

仕事の話では、鉄鋼業という厳しい世界でコツコツ地道にやれることを増やし、

信頼も得ていったとか、いろんな話を聞いたけど、

一番心に刺さったのは、昔会社に入ってきた若者(社長の息子)が

「仕事はまともにしないけど銭だけくれ、という態度だった」

という所。

実は私、最近転職しまして、8月から新しい職場に行き始めてるんだけど、

まだ2週間だから当然といえば当然なんだけど、

職場にも馴染めず、仕事も研修ばかりで何もまともに出来ず、

とにかくいろんなことがストレスフルで…。

前の職場なら、気心知れた人たちと強力して、

メンバーやときにはリーダーにも意見を言い、ある程度好きなようにやらせてもらっていたという幸せな環境だったので、

この新しい環境でやっていけるのかすごい不安で…。

「転職しなければよかったのではないか」と何度も思いました。

でも、前の会社を退職した理由の一つが、「何も生み出せない部署で、ぬるま湯のような環境の中自分の成長限界も感じつつ、大事な30代をここで過ごしたらどの会社でも通用しない人材になってしまう」という危機感だったんだけど、

それで成長できそうな厳しい世界に飛び込んだので、

これからのことに不安を感じるのは、よく考えたら当然ですわ。

でも、何度も「前の楽な環境でお金もらえるんだったらそれでも良かったのではないか」と考えてしまって、グルグルと「失敗した」と悩んでいました。

そこで上記の父の言葉。

そう、私も「何もしなくても金だけもらえる環境」をいつの間にか望んでしまっていたようだ。心に刺さって、泣きたくなりました。

確かに、基本的に怠け者の私は楽して稼ぐとか、そういうのも少しは魅力的に感じるけど、そもそもその状況に疑問を抱いて前職を飛び出してきているし、

こればっかりは、精神的・肉体的に限界が来るまでしっかり頑張ろうと思えるようになりました。

 

大学の友だちとオンライン飲み会をここ数日数名としまくっていたんだけど、

やっぱり皆すごいがんばっているなぁ。

毎日遅くまで働いている友達、同じく新しい慣れない環境でも早く仕事を覚えて何とか成長しようとする友達…負けていられない。

でも、0時まで仕事はさすがに働きすぎでは笑

 

皆からいろんな話を聞けて充実した休みになりました。

人と話すのって、やっぱりすごい大事だなぁ。

これからも、大事なつながりは大切にしたい。

 

明日からまた仕事。少し憂鬱だけど、しばらく頑張ってみる。